« メジーユで青空骨董市 | トップページ | アーサー王伝説-最終回 »

2009年8月23日 (日)

Ratilly の城で水彩画教室

Sratillymatin2 ふつう城砦というものは高みに在って周囲を睥睨するとか側面を河や池に守られているなど、攻めるに難しい位置にあるものだが、ラテイの城は余程そばへ近寄らなければ見過ごしてしまうほどひっそりと森に隠れている

ここには、10世紀頃から砦が在り、1270年にマチュー・ド・ラテイが領主間の戦争で破壊された砦を改築し現在の姿にしたと記録にある。

隠し砦と呼ぶに相応しいこの城は、城というには余りに小さく、かといって貴族の館と呼ぶには余りに質朴だ。

1950年に陶芸家のノルベール・ピエルロがこの城を発見した時は、全くの偶然で、森を散歩中だった。そういうエピソードも隠し砦に相応しくうなづける話ではないか。二階の部屋に、司祭が独り住んでいただけで城は廃墟同然だったという。

16世紀、宗教戦争の時代にはユグノーを匿ったり、17世紀には、ルイ14世から禁止されたカトリックの原理派、ジャンセニスト(パンセで有名なパスカルや劇作家のラシーヌもジャンセニストだった)が住んでいたという歴史を持つ。

ジャンセニストが作った日時計が今も二つ屋根の煙突に残っている。

ノルベール・ピエルロがこの城を発見した時の感動はいかばかりだったろうか。魂を奪われ、雷に打たれたような運命的な出会いを感じたに違いない。その場で購入を決意し、翌1951年1月には購入手続きを終えた。パリで長年夢見てきた、自分のアトリエと窯を持ち、陶芸の創作活動が存分にできる理想的な場所を手に入れたのだった。

ジャンヌとノルベール・ピエルロ夫妻は旺盛な陶芸活動を開始し、財政難と闘いながら夫妻の弛まぬ努力によって城は徐々に修復され、アトリエには若い陶芸家たちが技術を習得に住みこむようになった。「ラテイ」の名は世界に知られ始め、著名なアーテイスト達が訪れ、個展を開くようになった。

1963年、日本の人間国宝第一号、「民芸」運動で有名な陶芸家濱田庄司はバーナード・リーチとともにSchateau1 、この城に滞在し制作をしている。やがて「ラテイ友の会」が結成され、コンサートや美術展など支援活動が活発に行われ、国からの援助も得られるようになった。

現在、ナタリー・ピエルロが陶芸を受け継ぎ、ジャン・ピエルロは音楽を受け持っている。毎年夏になると、音楽と美術のマスターズが開かれる。

特記すべきはピエルロ家の一人一人が進んで雑用を行うことで、そこには「お城の主」といった気配は微塵もない。骨身を惜しまず雑用をこなす姿にはみんな打たれる。

そこには家庭的な雰囲気が自然と醸し出され、そのため若い人から年寄りまで幅広い層の人が遠方から泊りがけで参加する。4階ある城には広い個室が沢山あって、最大30人まで宿泊できる。講習の合間の食事の時間には、次女のクレールさん手作りの料理を囲み、うちとけて、お喋りに興じながら、他ではちょっと味わうことができない楽しいものがある。

今年は8月13日から20日まで水彩画教室があると知り、参加を希望していたが、サンファルジョーから車で15分で行き来できる距離なので、宿泊抜きで参加できるかをジャンに問い合わせていた。

冬の間、大抵は夜家に入って寝る二匹の猫も、夏の間は夕方になると野ネズミや蛙を狩りに出てゆき、夜通し動き回ったうえ、朝帰りして昼間一日中寝ていることが多い。そんな田舎の家に夜独り寝るのが怖いというカミサンの為にも晩は家に帰りたいと言った。

先生は英国の美術大学を出てイタリーで教えているアレッサンドラ・ブリュノさんでトリノに住むイタリア女性。連絡が取れたのは講習会前日の夜だった。

Satelierc グランド・ピアノが置いてある東側のサロンがアトリエに使われた。

生徒は僕を加え全部で6人というこじんまりとした教室となった。一番若いマリー・アントワネットが45歳で、あとは50歳過ぎの熟年ばかりというシニア・マスターズとなった。



毎日、午前中は野外で風景を見ながら習作した。 Slavoir3c









午後はアトリエで作業を続ける。

Sdidiermarijonenettec

Sclairetjacklinec

















夕方それぞれの作品を見せ合って先生が批評し討論する。

Scritiaue1c

デイデイエはドクターで医学部教授。日本で二回講演をしたという。3人の娘さんは皆日本語を話せるという。現代芸術の造詣が深い。

ジャクリーヌは美術関係で仕事をしていたセミ・プロ。

Scritic4c










アメリカ人と結婚し世界中を旅行して何でも知っているマリー・アントワネットは大のおどけ者。ジョークを連発してみんなを笑わせる。

日本へも二回滞在したことがある。日本の友達の家へ電話をすると年寄りの婦人が出て、「もしもし。わたしはマリー・アントワネットともうしますが・・・」と言うと、婦人は「はいはい。わたしはナポレオンですが・・」と応えたという。皆はネネットと彼女を呼ぶ。

Snenette2

Saubordetang1c

Srepasdusoir3c

Spaysagealex2c

Sjacqueline3c

Smariejoe1c

Sclaire2c

Sdidierc

Sgateauc

 

Ssratillyc_3








































































自然に囲まれたシャトーでの一週間は他ではできない貴重な体験となるだろう。費用は宿泊・食事・授業料ぜんぶ込みで7万5千円弱と極めて良心的。英語、フランス語、イタリア語が理解できる方に是非お薦めしたい夏のスタージュ(講習)です。

 

|

« メジーユで青空骨董市 | トップページ | アーサー王伝説-最終回 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
朝晩はようやく涼しくなり、今、虫がよく鳴いていますが、今晩はちょっと蒸し暑いです。

これはいい講習会だったですね(*^_^*)
1950年に新たに城が発見されたとはほんとに驚きます。さすが人跡未踏の深い森がそのころまであったのですね。
城を買い取り芸術活動、ほんとにいいですね。
城、風格と歴史を感じさせますが内部はきれいに整備されているようですね。

めのおさん、たくさん丁寧なコメンと大変ありがとうございました。レスを書いていますのでご覧になってください。

投稿: KOZOU | 2009年8月27日 (木) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/31061534

この記事へのトラックバック一覧です: Ratilly の城で水彩画教室:

« メジーユで青空骨董市 | トップページ | アーサー王伝説-最終回 »