« アーサー王伝説-最終回 | トップページ | ジャック・クールの道 »

2009年9月28日 (月)

博物館の所蔵品は誰のものか?

投稿者:「りゅーらる」そうりん亭ジャーナル:http://www.sorintei.com

2008年6月1日、フランスのファッション界を代表する、イヴ・サンローランが他界した。享年71歳。死因はガンだった。

Stlaurent1 ココ・シャネル、クリスチン・デオールの後を継ぎ、斜陽のフランス・ファッション界を支えた最後の巨匠だった。モードの帝王とさえ呼ばれた。

クリステーズで彼の遺品のオークションが開かれ、総額463億円(3億7349万6500ユーロ)という個人の所蔵品オークションでは史上最高額を記録したというニュースが世界中に流された。

それから数週間後、このオークションにからむ、奇妙なニュースが報道された。
競売に掛けられ39億円で落札された清朝時代のネズミと兎のブロンズ像の代金を、落札者が支払わないと公表したというニュースだった。

落札者は某中国名を名乗る人で「オークションで私は落札したが、この像は本来、中国国民の所有になるもので、盗品を私は取り戻しただけだから、代金を支払う理由は無い。」とコミュニケを発表したという。

これに対し、すかさず、サン・ローランの友人(2人はホモの関係にあったという)で競売実行者のピエール・ベルジェは「中国政府が基本的人権を認め、チベットの民衆の弾圧を即座に停止し、ダライラマ14世を認めるなら、寄贈してもいい。そうでない限り、どこまでも代金請求を続ける。」という声明をだした。

ちょうど、同じころ、ギリシャが英国に対し、大英博物館所蔵のパルテノン神殿のレリーフが施された梁や破風などの石材は、ギリシャに所属するものだからと返還を要求しているというニュースが流れた。

どちらも、その後の推移がどうなったかについては耳にしていないが、西欧の先進国が所蔵する美術品に関し、埋もれていた所有権問題が、やはり噴出し始めたかという感慨を禁じえなかった。

筆者が若い頃、フランスを代表する作家の一人に、アンドレ・マルローがいた。スペイン内戦が勃発するとフランコに抗して闘う人Maruro6 民戦線に加担し、ヘミングウエイなどとともに参戦。辛亥革命の折には中国に渡り「人間の条件」という代表作を書いた、行動派の文学者である。

美術への造詣が深く、その著「空想の美術館」では世界の一級美術品を選んで注釈を寄せている。日本を代表する絵として「頼朝像」を揚げているのが興味深い。

彼は戦後ド・ゴール大統領の側近の形で文化相を務めた。現在のパリが、建物の外観が明るい「華のパリ」として蘇ったのは、マルロー文化大臣が「外壁を10年に一回洗うべし」という法律を作り、都市美の保存を強制したためである。

そのマルローは若い頃、カンボジアに滞在したことがある。「王道」という小説も書いている。カンボジアのアンコールワットはジャングルの中で傷み放題だった遺跡で、近年、日本からもボランテイアと資金がでて、奇跡的な修復保存がなされた。

マルローには、世界が注目する前のカンボジアの美術品をこっそり国外に持ち出そうとし逮捕された経歴がある。

私であってこそ美術品の価値を理解し、人類の遺産を破壊と散逸から保護できる。そういう自己肯定的信念と文化財保護という名目のもとに先進(文明)国の人間が、低開発国もしくは発展途上国の、埋もれたままだったり、風化や盗難や損傷されるままだった美術品を持ち出して自国の美術館や博物館の所蔵となす。実際、彼らのお陰で人類の遺産が救われた、ということは認めねばならない。かれらの本音が所有欲にあったとしてもである。

18・19世紀の植民地帝国主義の延長上に先進国の美術館、博物館が築かれた、ということも事実だからである。

エジプトの遺跡はフランスとイギリスが争い、大英博物館とルーブルが今日も分け持っている。ロンドンやパリを訪れる外国からの観光客は、まず大英博物館とルーブルを訪れる。

幕末から明治維新にかけて日本からも大量の美術品が海外に運び出された。おそらく二束三文で買い取られ、西洋に渡ったのだろう。ボストンには浮世絵の膨大なコレクションがある。

パリのギメ美術館には、カンボジアの仏像と並んで数体の日本の仏像が展示されている。

日本語でボル、ボラれたと言えば、法外な値段で騙し取る、あるいはふんだくられたことを意味する。語源はフランス語の「Voler= 盗む」から来ていると思う。

Prudon所有とは盗み(vol )である。」と宣言したのはフランスの近代アナーキズムの創始者プルードンである。彼は1871年のパリ・コミューンの時にヴァンドーム広場のナポレオンの像を引きずり落とした罪で監獄に入れられたが、写実派の巨匠クールベにより、その肖像画が不朽の名作となって世に残った。

また世界で最初に著作権を主張したのは、やはりフランスのレチフ・ド・ラ・ブRetif1ルトンヌ(1734-1806)という作家で、印刷工として働きながら膨大な数の本を書いた。

筆者が住むヨンヌ県の県庁所在地オークセール市には、このユートピア作家が働いていた印刷所だった家に銘版が貼られ、 その着色像が市の中心部の時計台通Retif2 りにある。

このように「所有権」の明確な主張は西洋人に始まる。

所有とは盗みである。」と宣言したプルードンはナポレオンに始まる自国の帝国主義の性質を見抜き、断罪したと言えるだろう。

著作権にからんで、最近しばしば軽い感嘆とともに著者が経験するのはインターネット上の無料ソフトとの出会いだ。実に便利な、それによって一歩も先へ進めずにいた難問が、一挙に解決できたという有り難いソフトが無料というのに出会う毎に、多少のとまどいと驚きが伴う。

些細なことで儲けるより、他でがっつり儲けてるから心配いらないと言われているようでもあり、最初は無料で使っているうちにもっと便利なものが欲しくなり、将来確実に購入と結びつくから今は遠慮せず無料で使っていていいんだよ、と言われているようにも感じる。

中には技術好きの人が自分で開発したソフトを沢山のひとが使って喜んで貰えればいいからと純粋に無報酬で公開しているものもある。こういうのに出会うと、ふーむ、さすがインターネットと感動してしまう。

インターネットで音楽などが手軽にダウンロードされてしまい、売り上げが激減して被害を受けているのはミュージシャン、作曲家、CDエデイターである。無法ダウンロードを監視して、罰金、ネットの使用禁止など罰則を科す法律がフランスでも国会に提出されたが、現実にどこまで監視し規制ができるか疑問視する声が強い。

|

« アーサー王伝説-最終回 | トップページ | ジャック・クールの道 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
日本は彼岸も過ぎ秋の気配ですが昼間はまだ暑いですね。

イヴ・サンローランの個人資産463円ですか(^_^;)
まさに桁違いですね。
落札した中国人ももしかしら国家的バックがあるのですかね。
「「中国政府が基本的人権を認め、チベットの民衆の弾圧を即座に停止し、ダライラマ14世を認めるなら、寄贈してもいい。そうでない限り、どこまでも代金請求を続ける。」という声明もちょっとうさんくさい感じですけれど。
書かれていますように帝国主義時代まさに世界の争奪戦ですね。領土、人、文化財まで。
結局力関係でしょうから、力関係が変わればいずれ元の鞘に収まるのでしょうね。
マルローは若い頃確かにちょっとしたブームでしたね。
ぼる、がフランス語源とは知りませんでした。
「所有とは盗みである。」と喝破したプルードン、確かにイヴ・サンローランの財産とか見ると痛感しますね(^_^;)
ネット上も最近はウイキペディアやLinuxなどフリーの良心的なものも増え大変助かっていますね。商業主義に対抗する大きな流れができつつある感を持っています。
ネットビジネスがんばられてください。

めのおさん、いつもコメントありがとうございます。レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

投稿: KOZOU | 2009年9月28日 (月) 09時01分

またおじゃまします。
前からしていたホームページ「KOZOU ROOM」にも「りゅーらる」へのリンクをさせていただきました。
アドレスはhttp://homepage2.nifty.com/izumokozou/index.htm
です。
下のKOZOUにもアドレス入れています。

投稿: KOZOU | 2009年9月28日 (月) 09時41分

めのお様、さっそくメール有り難うございました。

ご丁寧に大変恐れ入ります。
こちらこそ大変失礼いたしました。
早とちりでした(^_^;)
どうかお許し下さい。
さっそく直していただきほんとにお手数かけました。

過分なお言葉大変恐れ入ります。
こちらこそ今後とも変わらぬご交誼お願いいたします。

コメントも大変ありがとうございました。
レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

投稿: KOZOU | 2009年10月 9日 (金) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/31546000

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館の所蔵品は誰のものか?:

« アーサー王伝説-最終回 | トップページ | ジャック・クールの道 »