« ジャック・クールの道 | トップページ | ジャック・クールの生涯-その2 »

2009年10月24日 (土)

ジャック・クールの生涯-その1

投稿者:そうりん亭ジャーナル 「りゅーらる」;http://sorintei.cocolog-nifty.com/blog/

Coeur_et_st_jacque ブルジュのジャック・クールの館には至る所「帆立貝」と「ハート」の浮き彫りが施してある。これはジャック・クールの家紋なのだろう。帆立貝はコキーユ・サン・ジャック、ハートはフランス語で「クールなのだから。

ジャック・クールのことを御存じの方は多くない。歴史の教科書1 にも出ていないし、フ ランスを旅行してもブルジュまで行ったり、ベリー地方の案内を読んだりする人は少ないからである。

しかし、ジャック・クールは意外とわれわれの身近なところに、その痕跡を残している。

トランプで遊んだことのない人がいるとしても、見たことがない人はいないだろうし、トランプのスート(絵柄マーク)が4種類あるのを知らない人はいないだろう。

スペード、ハート、クラブ、ダイヤの4種類。トランプの歴史を探ってみると、とても面白い。ヨーロッパにトランプが伝わった頃、スペードは「剣」だった。イタリア語でspadaの複数形がスペードなのだ。

1_2 クラブは農民を象徴する「棍棒」だった。三つ葉のクローバと関係はない。ダイヤは丸い貨幣だったという。そしてハートは、なんと、このブログで何度もとりあげている「聖杯」だったのだ。

それが現在のハートになったのは何故か?
ここに
ジャック・クールが関係してくる。

ヨーロッパにトランプが最初に伝わったのは14世紀前半のイタリア説が有力だがスペイン説もある。インド起源説、中国起源説といろいろだが、ヨーロッパへは聖地奪回を計って中東へ遠征した十字軍が持ち帰ったという説に説得力を感じる。

ともあれ、フランスでは地中海貿易で巨万の富を築いたジャック・クールはトランプの普及に熱心だった。彼はトランプ流行の火付け役だったので、その功績をたたえ、もとは「聖杯」だったスート(絵柄マーク)がハート(クール に変えられ現在にいたっているという。

15世紀の初頭に当時フランスの首都だったブルジュにゴシック、フラン・ボワイヤン様式の壮大な邸宅を建て、外壁内壁の至る所に、象徴的な浮き彫りを施させたジャック・クールに錬金術師の面影を見ることはさほど突飛なことではなかろう。だが、その方面の探究は今は置いておこう。

ここでは、ごくありふれた町人として生まれたジャック・クールの生まれから辿ることにする。

ジャック・クールは1400年ブルジュに生まれた。父は有力な毛皮商人でバクJq2 リエと いう肉屋の寡婦と結婚し長男のジャックをもうけた。母親の名前は肉屋のバクリエ夫人とだけしか伝わっていない。

肉屋といっても、中世の西欧では、エタ・非人などとは正反対で、肉屋のギルドは力を持ち、町人の中でも有力者が多かったという。

しかも、母方の祖父が造幣所長だったことがジャックの生涯を決定づけることになる。

ジャックは勉強嫌いで、街へ出てガキ大将として遊ぶ方が好きだったようだ。大学へは行かず、若いうちから父親の商売や祖父の貨幣鋳造や金銀細工の仕事を継ぐ積りで徒弟奉公に出ていたといわれる。

(続く)

|

« ジャック・クールの道 | トップページ | ジャック・クールの生涯-その2 »

伝説」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
こちらいい天気でした。青空が続いています。

トランプ一つにしても壮大な歴史があるのですね。
大好きなトランプにハート型として残ったのなら、ジャック・クールも本望でしょうね。
波乱の今後を予想させますね。
父が造幣所長、運命だったのですね。

投稿: KOZOU | 2009年10月31日 (土) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/31925006

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・クールの生涯-その1:

« ジャック・クールの道 | トップページ | ジャック・クールの生涯-その2 »