« ジャック・クールの生涯-その4 | トップページ | お奨めリンク集 »

2009年11月17日 (火)

菊についての展示会と講演

投稿者:「りゅーらる」そうりん亭ジャーナル:http://www.sorintei.com

かつての職場の同僚で日本の植物の紹介をしているソフィー・ベールさんが「菊」についてKashikata_3 講演をするという記事をブログで見つけたので聴きに行った。

11月8日(日)の午後。会場はセーヌ・マルヌ県とヨンヌ県の県境、かつてローマとブリテン島を結ぶ街道の聖地プロヴァンに近いサヴァン(Savins)という小村。

 

Ssallec

展示会と講演が開かれたのは市役所に隣接する公民館。


Sentreec

会場の入り口は、フランスの「菊園」経営者寄贈の菊馬車が飾られている。

展示会は中国原産の菊が日本に入り観賞用の花として品種改良が重ねられ、皇室の御紋章のみならず文学、衣類、食器など庶民の文化に深く根を下ろし親しまれてきた様子をパネルで説明し、さらにフランスにどのように導入されたかを追っていた。

Soriginechinec 中国では菊はダンドランテマ(Dendranthema) というカモミーユ( Camomille jaune)の一種の薬草として珍重され観賞用の花ではなかった。

今日でも菊の葉は煎じてハーブ茶として飲用されているし、天ぷらにも用いられる。花によっては刺身に添えられてもいる。

 

フランスでは11月1日の万聖節 ( Toussant )、日本のお彼岸に当たる日 のお墓参りに墓前に供える習わしがあり、大抵のフランス人は「菊」というとまずお墓を連想する。

ソフィーとそのお友達はそうしたフランスの因習を打ち破りたく、菊は観賞用の花としてもっとフランス人に親しまれて欲しいという願いを籠めてこの展示会と講演を企画したようSkimonoc_2 だった。入口を入ると正面に菊の模様の赤い豪華な着物が展示してあり眼を惹いた。

展示場の方々に配置された菊の花も日本人とはまた違ったセンスを感じさせる。
S3kikuc

 

フランスでは19世紀の中頃、日本の浮世絵が火付け役となって「ジャポニスム」が流行した。

印象派の画家の巨匠、モネが1850年に最初の浮世絵を見つけ購入したと展示写真にあった。Smonetc

後期印象派とされるゴッホも広重や北斎の浮世絵の構図から学んだ。

「ジャポニスム」の創始者はフィリップ・バーテ

Sburtyc

 

フランスでもやがて陶器の模様に菊が使われるところまでになった。だがまだ少数派。

ロワール河沿いのオルレアンの上流にある陶器の町ジアンは今日ようやく世界的にも有名になったが、ジャポニズムやアールヌーボーとも関係がある。当時の菊模様のお皿。Sgienc_2

 

Photo_3 アール・ヌーボーの指導者ガレの著作本。

 



マルセル・プルーストも印象派とジャポニスムの流行と無縁ではなかった。Sproust2c_3

展示をゆっくり見終わる頃、ソフィーさんの講演が始まった。

会場には約100人ほどの聴衆が。やはりお年寄りが多い。

 

ソフィーさんは10月の末に2週間四国を中心に日本を訪れたばかりとのことだった。

 

3_2

 

日本の菊栽培に関し、その種類、仕立て方について日本人よりも詳しい知識で紹介をするソフィーさん。

 

東京の表参道にある大田美術館で手に入れたという菊を使った浮世絵のページをナイフで切り取ってスキャンしスライドに入れたという。

最後に日本で手に入れた人形やお菓子の型を見せ熱の籠ったプレゼンを終えた。

|

« ジャック・クールの生涯-その4 | トップページ | お奨めリンク集 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/32251273

この記事へのトラックバック一覧です: 菊についての展示会と講演:

« ジャック・クールの生涯-その4 | トップページ | お奨めリンク集 »