« 夏の山脈 17 | トップページ | 夏の山脈 19 »

2011年5月25日 (水)

夏の山脈 18

白木の家は閑静な住宅街にあった。どの家も垣根が無く、歩道からいきなり芝で覆われた庭になり、庭の奥に家があった。

「ここが白木の家」辻さんが指差した家は芝の庭に一本の樅の木と二本の白樺が立ち、白い壁に黒い窓枠が配置された低い二階建ての簡素な北欧風の造りだった。辻さんが玄関の鍵を開けている間、陽一は通りに立って白木の家の外観を観察した。屋根に天窓が二つあり、こじんまりとした清潔感のある家だった。

辻さんが玄関は開かないから裏からはいろうと言い、家の横手に回り板張りのテラスにあがり、キッチンのドアを開けて家に入った。ドアには網戸が付いていて把手代わりのアルミの角棒を押すとロックが外れる仕掛けになっていた。キッチンは板張りだった。陽一はスーツケースを持って辻さんに続いて中に入った。

キッチンの向うにテーブルが置いてあり、その上にランプシェードが下がっている。その奥がソファの置かれたサロンになったいた。想像したよりずっと簡素だった。陽一は北米の家はぜんぶヨーロッパの家よりずっと大きく、日本の家より重厚なものとばかり思い込んでいた。ダイニングルームの奥に廊下があって、右側に寝室があった。

「白木はこの部屋を使ってくれ言ってたけどね」辻さんは、寝室のドアを開けながら言った。壁紙がピンク色だった。細かな紫と白の碁盤模様のカバーがかかったベッドの他には、枕元のランプと皮張りの床几風の折畳み椅子を除いて家具といったものもない。ベッドの頭側の壁に飛騨白川郷の合掌造りの家を墨絵で描いたものが額に入れて懸けてあり、それが唯一の装飾だった。この部屋に今日から十日間世話になる。陽一はベッドの脇にスーツケースを置いて食堂へ出た。そうして辻さんと一緒に再びキャブに乗った。


エドモントンの街へ車で向うと数十キロ手前から直線の道路の先に街の中心部の高層ビルが見えてくる。大陸の街というのは、その昔旅人にとって、遙か遠くから街が見え出した時、疲れた脚に力が蘇り、馬に鞭を当てて急がせたであろう希望のシルエットだったに違いない。遠くからケルンの大聖堂の尖塔が見えた時、喜悦が胸にこみ上げた。街とは憩いであり、安全であり、家庭なのだ。かつてはその象徴が大聖堂であり、現代では摩天楼なのだろう。

ポチット応援ありがとうございます↓

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村

|

« 夏の山脈 17 | トップページ | 夏の山脈 19 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/40119457

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の山脈 18:

« 夏の山脈 17 | トップページ | 夏の山脈 19 »