« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月に作成された投稿

2011年6月29日 (水)

夏の山脈 20

陽一は辻さんと別れてエドモントンの街を高層ビルの並んでいるダウンタウンへ向けて歩き出した。高層ビルは外壁をブルーがかった銀や、オレンジがかった銀色のガラスで覆われ、どれも金属的な輝きを夏の透明な午後の光に放って聳えていた。通りをしばらく歩くうち銀行などの並ぶダウンタウンの中心に出た。信号と、商店の色彩などがどことなくロンドンに似ている。ビルの谷間のコンクリートの敷石の敷かれた公園の一角に、白人とインデイアンの銅像があった。その隣にはガンジーの胸像があった。

黄色いペンキの塗られた建物に劇場の表示があったので近寄ってみたが閉まっていた。そこはもう街はずれで通りを百メートルほど行くとパーキングの向うにサスケッチワン河の谷が見下ろせるようだった。良い眺めが見張らせるか近寄ってみたが、送電線が見えるくらいで美しい景色はなかった。あちこちで工事をやっていた。日本人と見える若いビジネスマンともすれ違った。こんな具合に陽一のエドモントンの街の見物は終わった。黄色いタクシーを拾って、白木の家の番号を言い、家まで帰った。時差と疲れで、それに辻さんは白木が家へ着くのは夜中の十二時頃だろうと言ったので、ベッドにもぐって昼寝をする事にした。寝室の小さな窓は汽車の窓のように上下に開け閉めする方式で、それまで陽一は気がつかなかったが、白い窓枠のついたガラス窓が半分開けてあり、レースのカーテンが風に揺れていた。

          *              *

「これはええ本や。読んでみいや。義兄さんの本やけどな。よかったら貸すよ」
そう言ってある日和雄が差し出した本が倉田百三の「青春を如何に生きるか」だった。愛、友情、人生、信仰。およそ青春のありとあらゆる生々しい感情。悩みや理想や倫理やらが、しかつめらしい学校哲学と違って、自分の生きざまが……たとえば女との「私はあなたと永遠に交合していたい」などといった言葉により直接に示されている。この西田幾太郎の弟子の中の異分子、大正期の一風変わった哲学者の本を陽一はこれを機につぎつぎと胸を弾ませながら読んで行った。

「出家とその弟子」、「愛と認識との出発」、「絶対の探究」と陽一は図書室にある倉田百三全集を片っ端からむさぼり読むようになった。陽一はこの作家によってそれまで知らなかった世界を発見することが出来た。人間に内面世界があることを知ったのだった。精神とか心とか魂とか呼ばれている眼に見えないが、実体を確かに感じる内面の世界に初めて眼を向けさせてくれたのだった。中学時代にほのかに女の子に想いを寄せることはあってもそこには恋とか愛とかの言葉は介入していなかった。今、あの時よりももっと強烈に煩繫に陽一の想いのうちに現れる、あの眼の大きくて黒い色白の西洋人形のような岡田園子と初恋という言葉が結びついていた。この胸のうちの想いは実体として確かなことだった。後年、陽一はすべての現象を唯物的に解釈しようと試みた時、恋に胸が締め付けられ痛むのは青年期に発達する胸腺ホルモンのなせる純粋に物質的な作用だなどと考えることがあった。

 ランキングに参加しています

ポチッと応援ありがとうございます↓

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

夏の山脈 19

広い道路、大型車、トレーラー、キャブ。交差点の信号は道路の上に架かったアーチ型のパイプの中央に設置されて見やすい。フランスのように苛立たしく車線を変えたり、際どい追い越しや割り込みをする車はなくみんな大人しく落ち着いて運転している。

街に入ってから比較的閑静な住宅街の一角で辻さんは車を停めた。そこは銀行だった。銀行にとってはお金を借りてる方がお客さんやからと辻さんは笑って言った。銀行のすぐ近くが大学だった。パーキングの入り口のガードマンの黒人に辻さんは運転席の身体を窓に寄せ、「ちょっと運び込むものがあるんだ」と言うと、黒人はうなづいた。

レンガ造りの建物の地階が辻さんのアトリエだった。この建物はアルバータ大学で一番古い建物ですよ、と言いながら辻さんは先に立って階段を降りた。地下室に降りるとスチールの棚に粘土のままの壺や皿が並べて乾してあった。右側のアトリエらしいがっしりしたテーブルの並んでいる部屋で中年の婦人がエプロン姿で手を汚しながら壺を作っていた。

「お早う。万事うまくいってますか?」と辻さんが声を掛けた。中年婦人はにっこりと笑顔を返した。釉薬のカメの間を通り抜けて突きあたりまで行き、これが窯、いま僕の作品をしこみ中なんです、と言って辻さんは半分扉が開いた窯を見せてくれた。内部には肌色の所々に釉薬をはいた跡のある壺や皿が三分の一ほどのスペースを占めて棚に並べられていた。ちょっと写真を撮らせて下さい、と言って陽一は窯を背景にジーパン姿の辻さんの写真を撮った。

辻さんのアトリエを出て再び車に乗り、サスケッチワンの河床にある公園を見た後、もういちど街へ戻って日本レストランへ入った。民芸調の木を主に使った落ち付いたインテリアのレストランだった。白木が設計したのだと辻さんが言った。細長い土間というか通路に沿って右側が畳敷の和風個室になって障子で仕切ってある。陽一は辻さんの勧めに従い左側の寿司のカウンターに腰を降ろした。

辻さんは馴染みらしく、カウンターの向うに立って寿司を握っている背の高い板前さんと親しく口をききはじめた。寿司の盛り合わせを辻さんが頼み二人でつついた。北海銀行のK さんが帰るんだってね。送別会、明日の晩、あんたんとこやね。……あ、明日の晩、彼も呼んでやって。辻さんは板前さんに陽一を呼ぶよう話を決めてしまった。

レストランを出て車に乗り、二分ほど走った交差点で辻さんは車を停め、「じゃあ僕はちょっと午後、大学でどうしてもやらなきゃならない事があるから……。この道をまっすぐ左へ行くとダウンタウンやから。歩いて五分。白木んとこの住所、持ってますね。番号ひとつまちがえるととんでもない方へ連れて行かれるから」

ランキングに参加しています。
ポチッと応援ありがとうございます↓

にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »