« ラ・ロシュフーコー「箴言」 | トップページ | 「怖れ」について »

2017年4月 6日 (木)

1664 道徳的考察 6 と 7

6

 

La passion fait souvent un fou du plus habile homme, et rend

souvent les plus sots habiles.

 

情熱はしばしば最も老練な男を狂気にし、また最も間の抜けた者を

巧妙にする。

7

 

Ces grandes et éclatantes actions qui éblouissent les yeux

sont représentées par les politiques comme les effest des grands

desseins, au lieu que ce sont d'ordinaire les effets de l'humeur

et des passions. Ainsi la guerre d'Auguste et d'Antoine, qu'on

rapporte à l'ambition qu'ils avaient de se rendre maitre du monde,

n'était peut-etre qu’un effet de jalousie.

 

あの目くらめくような偉大で華々しい行為は、政治によってあたかも

偉大な構想の結果であるかのように示される。それらが平凡な気まぐれや

情熱の結果とされることはない。オーギュストとアントワンヌの戦いも、

同様に、彼らが世界の主人になろうとした野心の結果とされているが、

たぶん、単に嫉妬の結果にすぎなかったのだ。

(つづく)

|

« ラ・ロシュフーコー「箴言」 | トップページ | 「怖れ」について »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025232/70175944

この記事へのトラックバック一覧です: 1664 道徳的考察 6 と 7:

« ラ・ロシュフーコー「箴言」 | トップページ | 「怖れ」について »